本文へスキップ

日本で最も伝統ある経営コンサルタント団体としての経験と豊富な人材で社会貢献

経営コンサルタントのプロ集団+コンサルタント育成



経営コンサルタントに関するQ&A
学生さんからの質問

 学生のうちから経営コンサルタント業を考える人が多くなっています。

 大学の就職関係者は「経営コンサルタント資格=中小企業診断士」と考え、「中小企業診断士資格を取得しないと経営コンサルタントにはなれない」とアドバイスをすることが多いようです。経営コンサルタントへの道はいろいろあります。

 学生さんには是非すばらしい人生の入り口で失敗しないように、経営コンサルタント歴約35年の「コンサルタントのためのコンサルタント」と呼ばれる立場で誠意を持って回答いたします。



■ 目次



 1  学生にとっての「経験」とは何か 
 2  経営コンサルタントになるためにどのような準備を
 3  経営コンサルタントを目指して公認会計士資格取得を目指す大学生  
 4  経営コンサルタントを目指す大学生の進路
 5  経営コンサルタントを目指す大学生の就職先は大企業か中小企業か
 6  大学生に求められる社会人としての常識とは 
 7  大学生が日本経営士協会に入会し、資格取得をするには 
 8  学生に対する優遇措置は何かありますか




 学生さんのためのFAQ



■ 学生にとっての「経験」とは何か?

私は大学2年生です。経営コンサルタントには「経験」が必要ということはわかりましたが、経験とは、具体的にどんなことなのでしょうか?経営コンサルティングの会社に就職して技術を身に付けていくことなのでしょうか?


「経験」という言葉は、意味が広いですね。

経営コンサルタントというのは、「豊富な知識を持って、社長さん達にアドバイスをする」だけではうまく行きません。社長さんは、その業界では永年仕事をやってきたわけです。ですから、ある面では経営コンサルタントよりもその分野では経験が多い可能性があります。

それを上回る「プラスアルファ」を経営コンサルタントが持っていないと「この若造、偉そうに何を言っているか」と心の中で思わせてしまいます。

そうかといって、経営コンサルタントが全てにおいて社長さんより優れるようになることは、今日のように専門化が進んでいると不可能と言っても過言ではありません。

「社会人としての経験」を踏んでいると、最低限度のマナーや常識を身につけている可能性が高いですね。さらに、サラリーマンでもよし、起業でも良し、なんらかのビジネス実務面での経験をしているとどこかでプラスになるでしょう。

ビジネス面での経験を基本に経営コンサルタントとしてのドメイン(自分の得意とする分野)を決めて、そこからスタートするのが経営コンサルタントとして何とか収入を得られる近道のようです。

大学・大学院を卒業して、すぐにコンサルティング・ファームに入社する人もいるようですが、上述の「経験」を積んでいないので「頭でっかちなコンサルティング」をしてしまいがちです。「コンサルティングは、知識ではなく心でするもの」なのです。

ビジネス面での経験を積むと、表面の字面だけではなく、行間を読めるようになることが多いのです。人の心を敏感に読むことも経営コンサルタントとしての資質・能力の一つと言えます。

経営コンサルタント的な視点(これも抽象的ですが)は、一朝一夕にして取得できないので、たとえば内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会の研究会員として体得するというのも一つの方法です。

わたくしのブログを見てくださるのも、経営コンサルタント業というものを理解するのに一歩近づくかもしれません。

ただし、水を差すようですが、経営コンサルタントで生計を立てるということは、決して容易ではないことを知っておいてください。

あなたの豊かな人生の一助になれば幸いです。

↑ top
■ 経営コンサルタントを目指す大学生の進路


 将来経営コンサルタントを目指す経営学部の大学生ですが、卒業したらコンサルティング・ファームに入るべきでしょうか、それとも一般の企業に入るべきでしょうか?


 進路としてコンサルティング・ファームか、民間企業化、官公庁か・・・

 いろいろあるでしょうが、ここではコンサルティング・ファームか民間企業かという点について絞って記述させていただきます。

 コンサルティング・ファームで力を発揮するには、MBAを取ることをお薦めします。多くのコンサルティング・ファームは、MBAを持っていないと入社できないでしょうし、例え入社できてもコンサルティング業務よりは経営コンサルタントの手伝いから始めることになると思います。

↑ top
■ 経営コンサルタントを目指す大学生の就職先は大企業か中小企業か 


 経済的な理由からMBAへの道を断念しました。企業でビジネスパーソンとしての経験を積んでから経営コンサルタントを目指そうと考えています。

 大企業を選ぶべきか、中小企業が良いのか、迷っています。どちらが良いのでしょうか。


 MBAを目指さず、企業勤務の道を選ぶとしたら、大企業か中小企業かということになると思います。

 大企業では、業務の一部分を担当するだけで、企業経営全般の経験をすることは難しいです。しかし、大企業は企業経営がスムーズに行くように仕組みがキチンとできていて、それを習得することはコンサルティングに大変に役に絶ちます。

 一方、中小企業は、経営管理の仕組みそのものがキチンとできていないところが多く、そのために企業経験の少ない人にとっては、それが当たり前のように思えて、甘い管理態勢の中での経験を重ねることになります。これは、コンサルタントを目指すにはマイナスです。

 ところが、中小企業に勤務すると、与えられた仕事をしているだけでは済まず、色々な仕事をやらされそれとの関係から、企業全体を見やすいというメリットがあります。これは給料をもらいながら、コンサルタントになる勉強をさせてもらえるとみることもできます。

 ある程度管理の仕組みがキチンとできていながら、中小企業の良い面をもっている中堅企業は経営コンサルタントを目指す人にはメリットが多いかもしれません。

 しかし、中堅企業への入社も狭き門ですし、大学の進学指導をしている人が中堅企業についての知識・情報を持っていないことも多く、中堅企業を目指す学生さんは大変でしょう。

 民間企業を目指す場合には、すくなくても10年くらいはサラリーマン経験をすると、それなりの経験を重ねられると思います。

 企業に勤めながら、経営コンサルタント資格を取得することは大変でしょうが、実務経験はコンサルティング業務に活きるでしょう。

↑ top
■ 大学生が、日本経営士協会の入会・資格取得をするには

 現在、大学3年生で経営学部に在学しています。将来、経営コンサルタントを目指していまして、日本経営士協会にとても興味があり入会を検討しています。
 入会手続きなどをどのように行えばよろしいでしょうか?

 まずは、経営コンサルティング業の現実を知っておいていただいたほうがよろしいと思います。

■ 経営コンサルティング業の現状

 水を差すようですが、経営コンサルティング業に携わっています先生の約50%の人は、年収1000万円に満ちません。一方で、何千万円、億を超える人などもいますが、例外的で、残念ながら経営コンサルティング業は、割のよいビジネスとは言えないのです。

 他方で、経営コンサルティング業というのは、やりがいのある仕事ですので、自分の収入よりは、経営者や管理職の人達に喜んでいただく醍醐味を求める人にとっては、これほど素晴らしい職業はないといえます。日本経営士協会の会員の先生の中には、40年近くも経営コンサルタント業を続けて来られた方もいます。その先生は、経営コンサルティング業という仕事が好きで、好きでたまらないとおっしゃっています。

 もちろん実績を上げ、知名度も高まりますと、プロフェッショナルですので、何千万円、何億円の収入を得ることも可能です。

 この現実を踏まえた上で、まずは、「なぜ経営コンサルティング業でなければならないのか」という観点で、ご自身のキャリアプラニングを検討してみて下さい。

■ 入会前の情報収集

 経営コンサルティング業については、Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索してみて下し。そうしますと、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。このサイトを見て、経営コンサルタントに関する基礎知識を持ってください。

  経営コンサルタントへの道  

 そのサイトの中に、学生向け専用の情報コーナーがあります。是非、下記URLも参考にして下さい。

  学生向け経営コンサルタント情報  

 一般的なFAQも、下記URLに掲載されています。

  経営コンサルタントに関するFAQ

■ 経営コンサルティング業と資格

 ご存知と思いますが、経営コンサルティング業は、資格がなくてもできます。しかし、資格を持たない経営コンサルタントはなかなか信用されません。

 経営コンサルタント資格と言いますと、「中小企業診断士」というように考える方が大半ですが、実は、日本には、経営士という資格がまず誕生し、その後、中小企業診断士制度ができました。その両者の違いにつきましては、下記をご参照ください。

  中小企業診断士と経営士

■ 経営コンサルタント資格取得

 中小企業診断士の資格取得につきましては、関連図書が多数出ていますので、そちらを参照してください。ここでは、「経営士・経営士補」資格の取得について記述しておきます。

 経営士資格やその資格付与団体につきましては、下記URLを参照してください。

  内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会

 資格取得の決心がつきましたら、資格取得をするには、日本経営士協会入会する方法が一般的です。入会の手続に入ってください。下記URLを参照してください。

  入会手続

 入会には、簡単な審査がありますが、入会と資格審査とは別ですので、特別な受験準備をする必要はありません。

 「入会・資格取得審査は、入会問合せをしたときから始まる」ということを知っておかないと、審査に響くことがあります。その一つが、事前準備書類の一つであります「身分証明書」です。この文書は、戸籍を登録しています、市町村役場などで発行してくれます。

 戸籍謄本や住民票などとは異なりますので、間違えない様にして下さい。ましてや、自動車免許証のコピーを「身分証明書」代わりに送付するという人が時々いますが、審査の減点となりますので、注意が必要です。

 学生に対する優遇措置もありますので、そちらも併せてご利用になっては如何でしょうか。

 ご成功を祈ります。

↑ top
■ 学生に対する特別処置

 現在大学二年生ですが、母子家庭でもあり、経済的に決して豊かではありません。しかし、日本経営士協会に入会して、いろいろと勉強を、できれば将来は経営コンサルタントになりたいと考えています。
 学生には、優遇措置があるということも聞きましたが、どの様な優遇措置があるのでしょうか。

 学生さんには、経済的な負荷軽減のために「研究会員」という制度があります。

 一般会員は、入会金2万円、年会費24,000円ですが、学生さんの場合、入会金は同じですが、年会費が半額の12,000円になります。また、年度の途中で入会した場合には、割引がありますので、入会時期をあまり気にしなくても良いのです。

 本部主催の講習会は、原則として無料で受講できるなど、学生には大きなメリットがあります。

 プロの経営コンサルタントと接する機会が多いということだけでも、大きな体験となると思います。これが、就職試験の際に、プラスになる可能性も高いですので、就活にも利用してはどうでしょうか。
↑ top
■ 学生が経営コンサルタントになるために何を学ぶか?
 
 今私は大学2年になります。

 経営コンサルタントになりたいと最近強く思うのですが、在学中の今一体何から手をつけたらいいのかがわかりません。セミナーなどに行くのがいいのでしょうか?

 取り合えず今は簿記から入っているのですが、そこまで意味はないのでしょうか?

◆ コンサルタントという仕事

 まず、あなたは、コンサルタントというお仕事をどのようにお考えでしょうか?

 もし、「お金が儲かりそうだから」「かっこよく見えるから」というお考えでしたら、再考なさることをお薦めします。

 すでに簿記の勉強をしているというようなあなたの態度からすると、コンサルタントという職業に正面から取り組んでいるように推測できます。

 コンサルタントは、クライアントである企業様にアドバイスをすることにより、経営が良くなり、結果としてクライアントのお金儲けをお助けする仕事です。

 すなわち「お節介焼き」の性格の人が最適といえます。

◆ 専門性を持つ

 コンサルタントと言っても、あなたが言っているように経営コンサルタントもいれば、税理士、技術士、弁理士などなどたくさんの職業が対象となります。

 何らかの資格を背景に仕事をしている人が多いのですが、資格がなくてもコンサルタントという仕事はできます。

 しかし、自分の専門は何か、ということをはっきりクライアントに示すためにも、まずは資格の取得をお薦めします。

 経営コンサルタントであれば中小企業診断士がもっとも知られています。

 中小企業診断士と言えでも、商業、工業、情報というように専門分野が分かれています。

 現実には、経営コンサルタントと一口に言っても、専門分野は大変細分化されています。

 昔のコンサルタントは「何でも屋」でした。

 今でも、その遺物的なコンサルタントがまだいます。

 「私は経営のことなら何でもやれます」というコンサルタントは信頼されず、あまり成功していない人が多いようです。

 なぜなら、クライアントが求めるアドバイスも高度化してきているからです。

◆ コンサルタントには実務経験が活きる

 クライアントが求めるのは、「理論・理屈」ではありません。

 実績に結びつく、ある面では「泥臭い知恵」が求められているのです。それは、専門分野における知識・経験からにじみ出る「知恵」なのです。

 「専門性を持った知恵」はどのように育て、専門性を高めるにはどうしたらよいのでしょうか?

 残念ながら「王道」はありません。

 しかし、実務経験を伴わない、薄っぺらな知識ではコンサルティングはできないと言うことです。アメリカを中心とした外国のコンサルティング・ファームが幅をきかせています。

 それらの会社の「コンサルタント募集」広告を見ると「経験不問、年齢35歳以下」などと条件が付いています。それらコンサルティング・ファームから派遣されてくるコンサルタントは、理論ばかりが先行し、「心」が伝わってきません。

 経営者というのは一般的に年齢が高い人が多いのです。もし、あなたが50歳の社長さんとします。30歳くらいのコンサルタントが偉そうに理屈を言い出しても、ありがたいと思いますか?

 彼らは「企業は生き物」ということを忘れてしまっていて、その上でアドバイスをしてきますから、一時的には良くても、結局その企業のためになっていないのです。「コンサルティングは漢方薬のようなもの」が結局良いと考えます。

 もちろん、彼らがだめというのではありません。会社から教育を受けますので、リサーチャーなどとしては非常に高度な技術を身につけている方が多いのです。

 専門性は、実務経験を通じて育つものです。実務経験をしてからコンサルタントになると、心の通ったコンサルタントになれるように考えています。

◆ コンサルタントに学歴は必要か

 以前、高校生から「コンサルタントに学歴が必要なのでしょうか?」という質問が来ました。あなたはどう考えますか?

 結論は、「あなたが決めること」なのです。

 コンサルタントは「プロ」です。実力が重要です。実力があれば、年収何千万円ということも夢ではありません。

 私共がこれまで担当してきたクライアントの社長様の多くは高学歴な方です。彼らと対等に、あるいはコンサルタントとしてアドバイスをするのに、学歴がなくても「実力」で堂々と渡り合える自身があれば学歴はあまり意味はありません。

 コンサルタントの資格によっては、大卒でないと受験資格がないなどという条件があることはご存知でしょう。その様な資格を目指すには、当然大学を卒業する必要があります。

 もし、あなたがコンサルティング・ファームに入社して、コンサルタントをやりたいのでしたら、MBAを求められることが多いと思います。

◆ コンサルタントは一人では仕事ができない

 前述のように、経営の高度化から、コンサルタントに高い専門性が求められます。一人のコンサルタントでは、例え中小企業であっても全ての問題に対してアドバイスすることは困難です。コンサルティング・ファームでコンサルティングをする時は、チームを組んで仕事をすることになるでしょう。

 人によっては、コンサルティング・ファームで縛られるのは嫌だという考えで、一人で独立してコンサルタントになるでしょう。コンサルタントには一匹狼と呼ばれ、この様な人が多いのですが、上述のように一人でまかなえきれず、クライアントと契約できない人が多いのです。

◆ 学生のうちはどのように準備をしたらよいのか

 私は、「コンサルタントのためのコンサルタント」とあだ名を付けられています。上述のような一匹狼のコンサルタントを組織化し、教育し、仕事をシェアリングすることにより、大手のコンサルティング・ファームに勝てるようにしています。

 「コンサルタント道場」というメーリングリストを核に、毎月研究会を開催しています。あなたも、私共のサイトを隅から隅まで見て、仲間になるとメリットがあるなと思ったら是非入会してください。メンバーになって、あなたのような悩みをメーリングリストに投げかけ、プロのコンサルタントからアドバイスを得ながら勉強していったらどうでしょうか。

 コンサルタントは、頭でっかちより、人間味豊かな人間性を持ち、プロのコンサルタントと直接、接しながら、コンサルタントというのはどのような仕事なのか、仕事はどう進めるのか、等々を肌で感じ取ってみてはどうでしょうか。

↑ top
■ 公認会計士か経営コンサルタントか
 
 はじめまして。現在、公認会計士の資格取得を目指している21歳の大学3年生の者です。これから自分は何をするべきか真剣に悩み、進むべき道を模索していたところ、このサイトにたどり着き、メールをさせていただきました。

 私は高校時代から将来は経営コンサルタントになりたいと考えており、自分の武器にしたいという思いで大学1年生の時に公認会計士の勉強を始めました。しかし、始めてはみたもののなかなか合格できず、短答式試験すら合格できないまま今に至ってしまいました。3年生の冬になり、周りの友達は皆就職活動を始めています。

 こんな状況では今まで単位を犠牲にしてまで勉強しても合格出来なかった公認会計士の試験に合格できないのではないかという不安など、様々な焦りや不安で頭がいっぱいになってしまい、今自分がするべきことは何なのかわからなくなってしまいました。

 友達にも相談して、最近では公認会計士の勉強はやめて、大学の単位取得と就職活動、コンサルタントに役立つ中小企業診断士などの別の資格取得に専念する道や、大学を一年休学して海外留学をし、英語力の向上と国際的な考え方に触れる道なども考えています。

 しかし、就職活動をするにも将来的にコンサルタントを目指すにはどのような企業に就職するのがいいのか?一般企業かコンサルタント会社か?など、不安は尽きません。

 長々と書いてしまいましたが、将来的に経営コンサルタントになることを考えた場合、私は今何をするべきなのでしょうか?


◆ コンサルタントという仕事

 メールをありがとうございます。長いメールを入力するだけでも大変だったでしょう。

 裏を返すと、それだけあなたが真剣であるということと思います。

 人生に真剣に取り組むあなたの現況に、厳しい言葉はかってマイナスかもしれませんが、プラス思考でこのメールを読んでください。

 公認会計士の試験に限らず、士業の試験はどれも簡単ではないでしょう。それは、その士業業務のプロであるかどうか、プロになるにふさわしい知識を持っているかどうか、等々が試される場であるからで、そのことはあなたもよく解っていると思います。

 将来経営コンサルタントを目指すということは、私たちの仲間が増えるということで大変うれしいことです。

 しかし、何故、あなたの人生が「経営コンサルタント」なのかをじっくりお考えになったでしょうか。

 経営コンサルタント業は、決して格好よかったり、高収入であったりする職業ではありません。経営コンサルタントの半数が年収1000万円に充たないことからもそれがわかるでしょう。

 一方、経営コンサルタント業というのは、やりがいのある仕事と自負しています。自分のアドバイスで企業が良くなって「ありがとう」と経営者・管理職からいわれると、この上ない喜びを感じます。

 何故、私が経営コンサルタントになったのかについては、私の経歴をご参照ください。

 私が平素大学生に言っていることは、大学生へのアドバイスに書いてあるようなことです。

◆ 経営コンサルタント業とは

 公認会計士と経営コンサルタントとは、実は共通する部分もありますが、勉強の仕方が異なります。求められる能力・資質も異なります。あなたの周囲に、士業に詳しい方がいないことが推測できます。

 公認会計士で有能な人は、数字を読み解くことに素晴らしい能力をお持ちです。経営コンサルタントは、過去の数値や状況から将来を見通す力が必要です。

 従って、勉強の仕方も、考える方法も異なるのです。

 大阪で育ち、京都の著名な大学の学生さんから、あなたのようにメールを昨年10月にいただきました。

 その方は、私が大阪で講演をするときにわざわざ来てくれ、その場で日本経営士協会に入会を決意しました。

 3月には、私に相談したいということで、上京の折に私に会いたいといってきました。

 その学生さんは、学生のうちにプロの経営コンサルタントに直接会って、経営コンサルタント業というのは肌で感じようと考えて、入会されたのです。

 入会金2万円と年会費12,000円は学生さんには厳しい金額でしょうが、プロに会えるということだけでもメリットを感じるのですね。

 経営コンサルタントに取っては、その様な価値に対する敏感度が重要です。

◆ 将来を考える

 私は、あなたが大学の科目履修を犠牲にしてまで公認会計士の資格取得準備をしてきたことはムダであったとは考えていません。

 一方で、勉強の仕方がどうだったのかを始め、反省すべきところがあると思います。しかし、今の時期、まづはその様なことは忘れて、まずは大学生の本分を尽くすことを考えてはどうでしょうか。

 それと共に、あなたの将来をもう一度考えて見ましょう。

 経営コンサルタントが自分の命をかける仕事だという結論が出たら、では、そのためにどうしたら良いのかを考えてみたらどうでしょうか。

 進路としてコンサルティング・ファームか、民間企業化、官公庁か・・・

 いろいろあるでしょうが、ここではコンサルティング・ファームか民間企業かという点について絞って記述させていただきます。

 コンサルティング・ファームで力を発揮するには、MBAを取ることをお薦めします。多くのコンサルティング・ファームは、MBAを持っていないと入社できないでしょうし、例え入社できてもコンサルティング業務よりは経営コンサルタントの手伝いから始めることになると思います。

◆ 民間企業に就職してから目指す

 MBAを目指さず、企業勤務の道を選ぶとしたら、大企業か中小企業かということになると思います。

 大企業では、業務の一部分を担当するだけで、企業経営全般の経験をすることは難しいです。しかし、大企業は企業経営がスムーズに行くように仕組みがキチンとできていて、それを習得することはコンサルティングに大変に役に絶ちます。

 一方、中小企業は、経営管理の仕組みそのものがキチンとできていないところが多く、そのために企業経験の少ない人にとっては、それが当たり前のように思えて、甘い管理態勢の中での経験を重ねることになります。これは、コンサルタントを目指すにはマイナスです。

 ところが、中小企業に勤務すると、与えられた仕事をしているだけでは済まず、色々な仕事をやらされそれとの関係から、企業全体を見やすいというメリットがあります。これは給料をもらいながら、コンサルタントになる勉強をさせてもらえるとみることもできます。

 ある程度管理の仕組みがキチンとできていながら、中小企業の良い面をもっている中堅企業は経営コンサルタントを目指す人にはメリットが多いかもしれません。

 しかし、中堅企業への入社も狭き門ですし、大学の進学指導をしている人が中堅企業についての知識・情報を持っていないことも多く、中堅企業を目指す学生さんは大変でしょう。

 民間企業を目指す場合には、すくなくても10年くらいはサラリーマン経験をすると、それなりの経験を重ねられると思います。

 企業に勤めながら、経営コンサルタント資格を取得することは大変でしょうが、実務経験はコンサルティング業務に活きるでしょう。

◆ 社会人としての常識

  <この学生さんのメールには上記以外の記載がありませんでした>

 経営コンサルタントには、人間性、人間的魅力が必要と考えます。

 それには、社会人としての常識やマナーをキチンと身につけていなければなりません。

 大学生から、あなたのような相談をしばしば受けますが、こちらが返事を書いても何のリアクションもない人が大半です。

 経営コンサルタントになりたいといっても、人によりアドバイスが異なります。

 例えば、どこに住んでいるのか、何処で仕事をしたいのかというのは、それによりアドバイスが異なることが多いのです。なぜなら、東京と地方都市では対象となるクライアント・顧問先や、コンサルタントのあり方が異なるのです。

 また、東京周辺に住んでいる人と、地方に住んでいる人では、経営コンサルタントに接する機会が異なります。地方在住でも、経営コンサルタントから直接指導を受けることも可能です。当然、アドバイスの内容が異なってきます。

 あなたの問合せのメールにはお名前も、大学名も学部名も書かれていませんでした。名前は、アドバイスには関係ありませんが、自分を名乗ることは重要です。自分を名乗れば、相手も真剣に考えてくれるかもしれません。自分の氏素性を明確にしなければ、いい加減な返事か、場合によると返事もないかもしれません。

 大学名や所属する学部も、アドバイスする側としては参考となります。

 例えば、工業系の大学であれば経営コンサルタントの中でもMOT(辞書を引いてください)をお薦めするかもしれません。大学によっては、教授の中に当協会の会員がいる可能性もあります。


 いろいろと書いて来ましたが、まだまだ書き足りません。「経営コンサルタントへの道」とそのリンク先を隅から隅まで読んで見てはどうでしょうか。

 また、是非ブログも参考にしてください。
  
  
 これまでの経験を道草とか寄り道と考えず、将来を見据えて、素晴らしい人生の門出ができることを祈念しています。

↑ top
   
   






copyright©2003 日本経営士協会 all rights reserved.