JMCA 日本経営士協会 個人情報の取り扱いについて  
  経営者・管理者およびコンサルタントを目指す皆様へ | 経営士Web(会員専用)  
Home
日本経営士協会とは
入会するには
経営コンサルタ
 ントの資格制度

入会・資格取得
 までの手順概要

入会・
 資格取得の概要

 ○一般的な
  入会資格取得

 ○受講による
  入会資格取得

 ○受験による
  入会資格取得

 ●推薦制度での  入会資格取得
入会案内諸費用
実力養成と昇格・資格取得
会員名簿
経営関連情報リンク
ご意見・お問い合わせ
 
  Home > 入会と資格制度 > 入会・資格取得の概要> 推薦制度による入会・資格取得
  入会・資格取得の概要  
  推薦制度による入会・資格取得  
     
 
 推薦制度による入会・資格取得
 
 経営士の資格取得をしたり、そのために当協会に入会したりする方法の一つが、推薦制度による入会と資格取得の審査を受けることです。
 すでにコンサルティングの実績がある方が入会審査を受けます時に、当協会会員による推薦がありますと、入会審査の後で、引き続き資格取得の審査が行われます。
 例え当初より推薦者がいない場合でも、入会審査時に審査員が、経営士または経営士補資格付与に相当すると判断した場合にも、この制度が適用されます。

   
    推薦制度及びその背景
 


 グローバル化の進展やIT技術の進化等により経営環境が日々変化しております。このような経営環境下では、 企業の経営体質を強化するホンモノの経営コンサルタントが求められており、すでにその分野でご活躍の先生方も 多いと言えます。

 国家資格を始め各種の資格取得には、難しい試験に合格しなければなりません。 これら資格取得の為の受験勉強では、オールラウンドな知識を求められ、プロのコンサルタント実務には あまり関係のないような科目もあります。受験勉強の時間を取れない人にとっては、専門分野のおける実力を 有しているにも係らず、資格取得は高嶺の花であり、貴重な時間の浪費になっているのではないでしょうか

 当協会では「ながら方式」という昔懐かしい言葉を使っていますが、 今までの実務や勉強を継続しながら、 当協会会員として共業・共用・共育を 進めることをお勧めしています。

 すなわち、当協会では実力のある先生方があまり大きな回り道をしなくても経営コンサルタント資格を取れ、 それにより社会的信用度を高めることが、日本の経済的損失を減らすことに大いに寄与すると考え、 この制度を導入しています。

 また、すでに税理士をはじめとして経営に関する専門職業の資格を保有し、その業務を職業としている方、 または企業に勤務しているなど所定の条件を満たす方にも門戸を開き、「マルチライセンス」を推奨しています。

  Page Top ▲
    推薦制度の概要
 


 日本経営士協会の推薦制度による資格取得方法には、以下に示す2通りの方法があります。

  1. 推薦による入会・資格取得
  2. 推薦による昇格・資格取得

 第1項は、これから入会される方に限定され、当協会の会員より推薦を得ておきますと、 当協会への入会審査後の資格審査の段階で通常の入会・資格審査に比較して、 経営士補・経営士の資格取得に際して有利となります。

 第2項は、当協会会員の一般会員に限定され、昇格に必要な単位数を取得していなくとも実力を評価されて、 一般会員から経営士補ないしは経営士への昇格が可能となります。

 なお、当協会では、一般的な入会・資格取得も併せて実施していますので、 一般的な入会・資格取得をご参照ください。

 
       
    推薦に必要な要件
 


 推薦により取得できる資格は、経営士補および経営士です。

  >> 会員区分

 推薦により資格を取得する場合には、コンサルティング経験や国家資格などを有していることが要件となります。以下を参考にして挑戦してみて下さい。

  >> 推薦に必要な要件

    推薦者の確保    
 


 当会員一名以上の推薦が望ましいのですが、推薦者がいなくても、コンサルティング経験や審査員が認める実績がある場合には、推薦者がなくても問題ではありません。

 
    推薦申込と手続き
 


 推薦による入会・資格取得申込書及び推薦による昇格・資格取得の申込書を、下記より入手し、 所定の手続きをとって下さい。

  >> 推薦による入会・資格取得申込書(Excelファイル)
  >> 推薦による昇格・資格取得申込書(Wordファイル)

 
Page Top ▲
  http://www.jmca.or.jp/