本文へスキップ

日本で最も伝統ある経営コンサルタント団体としての経験と豊富な人材で社会貢献

経営コンサルタントのプロ集団+コンサルタント育成



入会・資格取得の手順
受講による入会・資格取得法

 経営士・経営士補の資格取得をするには、5つの入口があります。

 ここで紹介する方法は、当協会指定の講座を受講し、所定のレベルに達しまると、学科試験がレポート提出に代替され、書類審査・面接を経て、経営士補の資格取得ができます。その後、所定の単位を取得する事により、経営士へと昇格する道が拓けます。

 入会後に、講習会・研修会・講演会を受講することで、昇格に必要とする単位を取得しますと上位資格取得をすることができます。



■ 日本コンサルタントアカデミー資格取得講座


 当協会の関連組織である日本コンサルタントアカデミーは、1990年代から、 経営コンサルタントの育成としてきている伝統を持っています。

 当講座は、「手作りによる経営コンサルタント育成」をスローガンに掲げ、 インターネットを利用した、日本で最初の研修です。

 課題を基にし、小グループ学習と受講者の個別指導で研修が進められます。小グループ学習は、 受講者の経験やレベルに応じてクラス編成がなされるため、落伍者が少ないのも特徴です。

 受講者の学習レベルに応じて指導を受けられますので、受講者が仕事を持ちながら、自分のペースで受講できます。 4月と10月が受講開始タイミングとしては好ましいのですが、中途からでも受講空き席があれば、 受講許可が出た翌月から開始できます。まじめに受講すれば、早い人は数か月で、標準的には、 6か月、最長でも一年で経営士補の資格取得が可能です。

 受講には、ブロードバンドによるインターネット利用環境が必須で、SKYPE登録(無料)が必要です。

 当講座を修了しますと、日本経営士協会経営士補への推薦を致します。

  >> 日本コンサルタントアカデミー講座受講

【 注 】
 日本経営士協会の入会・昇格審査のタイミングによって期間を変更する場合もあります。



■ 明治大学リバティアカデミー講座による資格取得・昇格


 この講座は、当協会と明治大学リバティアカデミーとが提携して、当協会の公開講座 【「企業経営を斬る」〜経営コンサルタントによる実践経営ゼミナール〜】と題した公開講座です。

 明治大学リバティアカデミーとは、明治大学の生涯学習機関で、「資格取得のために能力アップを図りたい」 「社会人としてのレベルアップを図りたい」「経営に関する知識を吸収した」「社会情勢についてもっと知りたい」 というニーズに応え、学生・社会人・企業経営者向けに、多様な講座を開講しております。

 現在、この講座は休止中です。再開されましたら、担当より会報、通信、メルマガ、ブログ等を通じたり、本サイトにて紹介したり致します。


■ 受講による入会から資格取得までの流れ



 受講による入会または資格取得を希望する方は、下記の手順で手続を進めてください。

    受講手続   

 上述のサイトで受講手続、受講をしましたら、修了証明書を、日本経営士協会入会・昇格審査会宛にPDFファイルで送付してください。その際に、日本経営士協会入会申込書も同時に送付してください。

   >> Webサイトからダウンロード

    レポート提出   

  審査会からレポート課題が提出されますので、期限内に提出してください。


    入会審査   

  レポート審査に合格しますと面談で入会審査を行います。この審査では、入会希望される方が、 当協会の会員として相応しいかをどうかを審査します。

    入会通知   

  入会審査に合格したら郵送にて、入会通知および会費・諸費用の納付関係書類が送付されます。


    会費・諸費用納入手続き   

 入会・資格審査が全て終了した時点で、各審査に合格した方は会費・諸費用の納付手続きを行って頂きます。


    会員証・徽章・資格認定書の送付   

 会費・諸費用の納付が完了しますと、会員証・徽章・資格認定書の送付が行われます。
 入会審査に合格したら郵送にて、入会通知が発送されます。
 晴れて日本経営士協会会員として、そのメリットを充分にご活用下さい。






 当協会を退会したり、資格を剥奪された後、当協会の資格を名乗りますと「資格詐称」となります。
 当協会の付与資格は、年会費が納入されている年度内のみ有効です。ただし、年度切り替え時に、 新年度の年会費が納入されている会員の資格は自動的に延長されます。
 会費未納者が、資格を名乗りますと、 上記同様に資格詐称となります。
 退会・除名などにより資格を喪失した場合には、会員証・徽章・資格認定書等を速やかに変換してください。






copyright©2003 日本経営士協会 all rights reserved.